目に見えない精神論よりも確かなスキルを!経営者の器が会社の器?

おはようございます!「Worbo+」です!
当サイトは、三重県の活性化を図りたいという思いから立ち上げたメディアサイトになります。

三重県で起業したい人や、活性させたいと思われている方に何か一つでもきっかけになればと考えています。
是非当サイトが皆さんのお役に立てれば幸いです。

※因みにトップ画像は、三重県の風景を掲載しています。

今回は経営者のスキルについてお話致します!

モチベーションセミナーよりも経営スキルを!

起業し経営をしていると、経営者は「孤独」になります。
前回の内容でも執筆している通り、経営者は孤独で当たり前です。そもそも社員とのベクトルは合いませんから・・・。

そんな時、よくやりがちなのは「モチベーションセミナー」やら「コミュニティ」に参加される事です。
誤解を招かない様先にお伝えしておきますが、同じ中小企業の経営者として、意見交流をすることは素晴らしいことです!異業種からヒントを得られることも多々あります。

ただし、愚痴の言い合い、いわゆる「傷の舐め合い」のようなコミュニティは全く必要無いと私は考えています。
既に起きた事にごちゃごちゃ言っても良い様には進展しません。

なので私は一切そういった「会」には足を運びません。

現状を変え、ビジネスを前に展開したいのであれば、やはり経営者自身スキルをつける時間に費やす方が適しているからです。

社員のモチベーションセミナーも無意味?

個人的には、社員を外部研修に行かせる際、「モチベーションアップ」とか「やる気向上」とか、そういった形のないモノに研修に行かせても無駄だとはっきり言えます。

はっきり言って、社員のモチベーションは「山の天気より変わりやすい」からです。
まず、冒頭に述べた様に経営者と社員の「ベクトル」は合いませんし、合わなくて当然です。
また、人生背景は必ず変わります。
例えば暗い話ですが、前日まで経営者の言葉でやる気に満ち溢れていた社員が、

「彼女(彼氏)にフラれた」
「飼っていたぺットが亡くなった」
「お気に入りの車をぶつけた」
「家族、友人と喧嘩をした」

など上げればキリがありません。
こういった事が起きれば大抵の人は「仕事」どころではありませんよね!

せっかく「お金」を払って行かせた研修やセミナーも人生背景が変われば一瞬で水の泡です。

経営者の器が会社の器

経営者はスキルが無くてもカリスマ性があればいい!
という方もいます。
もちろん経営者は影響力のある人でいることに越した事はありません。

しかし、カリスマ性ある中小企業の社長が(大企業は別次元なので省きます)、毎日ゴルフ、呑み、海外などに行っていては下は全く付いてきません。
万が一、会社が傾いたときに、立て直せるのは経営者のスキルや情報です。

うまく行っている時こそ、次に見据えてスキルを培ってもいいのではないかと考えます。

経営者の器こそ会社の器です。

経営者こそ学び続ける心を!

では、経営者はどういったところで学べるのでしょうか?
最近では、「オンライン」で学べる学校も増えてきました。経営者のための学校も増え、夜間や土日などを活用して、学べる環境のおかげで言い訳しにくくなってきましたね(笑)

何を学ぶかは今の事業の状況を照らし合わせてみると、自ずと見えてくると思います。

是非、今何をするべきかをゆっくり考え、学ぶ時間を毎日少しずつ確保できるといいですね!

まとめ

今回は経営者のスキルアップについて執筆しました。
経営者同士の繋がりはとても情報量も多く、有意義な時間であることは間違いありません。
経営者である以上、経営者にしかできないことも沢山あるでしょう。

しかし今の時代、経営者であっても学び・成長することが大切だと考えます。

これから起業する方にとっても同様の事が言えます。

常に学び、新たな事業を作り上げていけることを心より願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です